ソフトコーラルの入門種?マメスナギンチャクについていろいろ調べてみた

      2017/09/08

ソフトコーラルの入門種?マメスナギンチャクについていろいろ調べてみた



みなさま、こんにちわdoaquaです。(写真はイメージです)

 

今日はマメスナギンチャクというソフトコーラルサンゴイソギンチャク?について調べてみようと思います。

まず、なぜ調べようと思ったかというと、、、、

最近、Twitterを徘徊していたらマメスナギンチャクのコレクターというんですかね?マメスナギンチャク大好きっ!みたいな人をいっぱい発見したんですよね。

そんなに一つの種類のサンゴにはまるものなのかと思って私も少し興味が沸いたので、ちょこっとグーグル検索してみたら、なかなか奥が深そうではないですかマメスナギンチャク!これは面白そう!

ということでマメスナギンチャクについて調べてみようと思ったわけです。

 

ではさっそくいってみましょう

 

マメスナギンチャクってなに?

まずはマメスナギンチャクってなに?っていうところからいきたいと思います。

①まず見た目がこちら
icon
icon
めっちゃキレイじゃないですか?

まず見た目はめっちゃキレイですよね。こりゃあ私も飼ってみたくなってきました。

②種類としては好日性サンゴ、ソフトコーラルに分類される

ギンチャクなのにサンゴなんですね、なんかその辺は曖昧なようです。

まぁ私たちは学者さんではないので、ソフトコーラルだと思っていればOKでしょう。

③マメスナギンチャクは大きく分けて4種類ある
  1. キクマメスナギンチャク
  2. フジマメスナギンチャク
  3. クロシオマメスナギンチャク
  4. ブドウマメスナギンチャク

一番ポピュラーで人気があり、流通しているのが、キクマメスナギンチャクです。

それぞれ画像を貼りたかったのですが著作権的なやつが怖かったのでやめときます笑

そんなに種類によって違いはなさそうですが気になる方は、検索っ検索っ!




飼育について

つぎは飼育についてです!

 

マメスナギンチャクって基本はかなり初心者向けなソフトコーラルみたいです。

照明

そこまでこだわった照明は必要ないようです。必要最低限の光があれば飼育は可能

しかし、画像にあるような美しい姿を見る為にはブルー系のLEDを用意した方が良さそうです。
icon
icon

濾過フィルター

濾過フィルターに関しても、必要最低限の装備があれば大丈夫なようです。逆にマメスナが飼育できないような水槽では、他のサンゴの飼育は絶対に無理だそうです笑

それほどソフトコーラルのなかでは丈夫な種類なんですねー。

 

餌について

サンゴのなかには飼育に餌が必要な種類もありますが、マメスナギンチャクは餌がなくても照明さえあれば生きていくことができます。(餌を与えれば食べるそうでけどね)

仕組み的には、ポリプのなかに褐虫藻(かちゅうそう)という藻(も)を共生させており、光を受けた際にその褐虫藻が光合成をして得た栄養素をマメスナちゃんがもらって生きているらしいです。
なんか、よくわからんが、神秘的ですね笑

 

飼育についてまとめると

最低限の照明と最低限のフィルターで飼育でき、餌もいらない初心者向けのソフトコーラル。

ってとこですかね。こんなにきれいなのに超初心者向けとは嬉しいかぎりです。

しかし、色良く飼育するにはやはりそれなりの水質、照明は必要なようですので、綺麗に仕上げたい人は照明などに注意が必要です。

それと、ペパーミントシュリンプなどのエビ類と一緒に入れるとかじられてしまう事があるそうなので、エビ類との混泳にはあまり向かないようです。

そしてそして、触手にはなかなかの毒性があるようなので、他のサンゴとは離してレイアウトするのが良いです。

 

コレクション性

マメスナギンチャクといえば、コレクション性?

このマメスナにファンが多い理由がおそらくこれです!コレクション性!

 

基本形は同じなのですが、とにかく多彩なバリエーションがあります。

ポリプの大きさもいろいろあるし、色も「ブルー」「ピンク」「イエロー」「レッド」「グリーン」などなどなんでもござれ状態ですよこれ。

こういう多彩なバリエーションっていうのはコレクターの心をくすぐるんでしょうね笑

 

いろんなバリエーションの参考画像を貼っておきます。

画像クリックで現在の販売価格が確認できます。
追記:ほとんどが一点物だったようで、今では売り切れとなっている為、価格を見ることができません。すいません。画像でいろいろな種類がいるんだなーという雰囲気を感じて下さい(笑)
icon
icon

icon
icon

icon
icon

icon
icon

icon
icon

icon
icon

icon
icon

いかがでしょうか、いろんなバリエーションありますよねー。

面白いです。

繁殖?増殖?

そして、マメスナギンチャクは最初は小さな個体を購入したとしても、良い状態で飼育ができているとやがてポリプをどんどん増殖させて群体を大きくしていくようです。

なので、高級な種を増殖させてブリードしてウハウハってのも夢じゃないかもしれませんね笑




まとめ

いかがでしたか?

なんとなくマメスナギンチャクのことがわかりましたでしょうか?

 

私もマメスナは是非、自分の水槽に入れたいと考えているので、導入する際はその様子も記事にしたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

また次回の記事も宜しくお願いします。

ではではでは―

 

The following two tabs change content below.

doaqua

マリンアクアリウムを始めました。 これから始める方の参考になれば幸いです。 アクアリウム関連の記事だけでなく、実験系の記事も書いていこうと思っています。宜しくお願いします。

 - サンゴ