海水水槽でフグを飼育したいならシマキンチャクフグ!フグなのに・・サンゴ、混泳も可能だと・・・

   

 

どうも!こんにちわ!

アクアリウム野郎です!

 

突然ですが!

フグはお好きですか!?

 

フグって可愛いですよね。

海水水槽を始めたら、いつかはフグを飼育したいと思っていました( *´艸`)

そして、ついに買っちゃいました( *´艸`)

「シマキンチャクフグ」

icon
icon(画像クリックでチャーム販売ページヘ)

 

めちゃ可愛なので、今回はシマキンチャクフグについてご紹介したいと思います!

フグ好きな人は是非!!



まずは、かるくフグについて

フグって皆さまよくご存知だとは思いますが、水槽におけるフグの飼育について。

 

フグといえば海水!!と思われる方も多いとは思いますが、

実はフグには、淡水のフグと、汽水のフグと、海水のフグがいます。

真水でも飼育できるフグがいるんです!

 

なので、海水水槽の人も、淡水の水草水槽の人もフグを飼育することができます。

もちろん汽水の水槽でフグのみを飼育するという人もいます。

 

今回私が買った『シマキンチャクフグ』は海水のフグですが、

 

淡水のフグでいうと、こちらアベニーパファーがポピュラーですかね。

アベニーパファー 
icon
icon(画像クリックでチャーム販売ページヘ)
可愛さでいうと、こちらのアマゾンパファーもなかなか

アマゾンパファー
icon
icon(画像クリックでチャーム販売ページヘ)
上記はどちらも純淡水で飼育することができますので、水草と一緒に飼育することができます( *´艸`)

 

フグの基本的な性格

淡水、汽水、海水、そしていろいろな種類があるフグですが、ほぼ共通している性格があります。

それは気性がとても荒いということ。

なので、基本的にフグは他の魚との混泳には向いていません。(無理ではない場合も多いですが)

フグを飼うならフグ専用の水槽にする!というのが理想なのです。

 

そういった面では少し飼育しづらいですね。

 

海水でフグを飼育する場合も注意

海水水槽は、サンゴを飼育していることも多いと思います。

そこでフグを飼育する際は注意です。

基本的にはサンゴと一緒に飼育することができないフグがほとんどですので、フグを購入する際には確認するようにしましょう。



シマキンチャクフグとはどんなフグ?

icon
icon(画像クリックでチャーム販売ページヘ)

 

というわけで、私が購入したシマキンチャクフグについてですが、このフグは

 

なんと

なんと!

なななんと!!

 

・サンゴとも一緒に飼育できるし!

・他の魚との混泳も可能!

・さらに丈夫で飼育しやすい!

 

という、とっても飼育しやすいフグなのです。

 

そりゃあもう、大人気です。

しかも餌にもうるさいフグが多いのですが、こいつは普通に人工餌も食べるという飼育のしやすさなのです。

 

最大全長も約8㎝と小ぶりなので、60㎝水槽でも十分に飼育可能です。30㎝水槽でもいけますね!

 

注意点は、同種との混泳は向かないということ(フグとは一緒に入れない方がいい)と、エビ等の小型の甲殻類は襲われることがあるかもしれない、ということです。

 

しかし、他の魚と混泳できたり、他のフグはサンゴと飼育不可なものが多いので、サンゴと一緒に飼育できるというだけでも嬉しいですね!

 

シマキンチャクフグの飼育開始

 

というわけで、シマキンチャクフグが届きました。

 

袋ごしでも分かる!可愛いやつやーん!

 

3㎝~4㎝くらいのシマキンチャクフグが届きました。

可愛いです。

 

さっそく水合わせをしました。

うん、可愛い

40分くらい水合わせをして、

 

そして水槽にIN

 

あばれることもなく、漂っています。

気性が荒いというのも疑わしいぐらいおっとりとした泳ぎ(笑)

なんとなく、どんくさそうな見た目(笑)

可愛いです。



「シマキンチャクフグ」に人工餌をあげてみた

人工餌もあげてみました!

餌はいつもの他の魚の餌です。

 

海水魚の主食 テトラ マリン ミニグラニュール
icon
(画像クリックでチャーム販売ページヘ)icon
これね!うちの魚達の主食です。

というかこれしかあげてません(笑)

 

これをあげてみましたが、他の魚ががっつき過ぎて(笑)

そしてシマキンチャクフグの動きはやはり遅い・・・

シマキンチャクフグの前に餌が来る前にすべて他の魚達に食べつくされてしまいます(笑)

 

ということで、仕方がないので、いつもより多めに餌をいれると、、、食べてくれました!

 

普通に人工餌も食べますね!

説明通りです。

 

シマキンチャクフグを2週間ぐらい飼育した感想

飼育して2週間くらい経ちました。

相変わらず餌を狙う動きは遅いですが、餌が落ちてくる場所も覚え始めたようで、他の魚に混ざって良く食べるようになりました。

他の魚と喧嘩するようなこともなく、(というかむしろかなりおとなしい)問題なく水槽に慣れてきています。

病気などの前兆もなく、丈夫な種類といわれているのも納得ですね。

 

シマキンチャクフグの飼育まとめ

 

シマキンチャクフグはサンゴと一緒に飼育することができ、他の海水魚と混泳させることができるとてもおススメの海水フグです。

実際に飼育してみた感想としても、他の海水魚と同様に特に手間がかかることもなく、丈夫でおっとりした性格。という印象です。

むしろカクレクマノミの方が断然気性が荒いですね(笑)

 

人工餌もよく食べるし。

とっても飼育しやすいです。

 

おすすめポイントとしては

  • サンゴと一緒に飼育できる
  • 他魚と混泳できる
  • 丈夫な身体
  • 可愛さ
  • おっとりした性格
  • 海水水槽の初心者にもおすすめ

という感じですかね。

 

以上、シマキンチャクフグの飼育についてでした。

海水でフグ飼育を検討されている方は参考してみて下さい!

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

また次回もよろしくお願いします

ではではではー。

icon
icon(画像クリックでチャーム販売ページヘ)



The following two tabs change content below.

doaqua

マリンアクアリウムを始めました。 これから始める方の参考になれば幸いです。 アクアリウム関連の記事だけでなく、実験系の記事も書いていこうと思っています。宜しくお願いします。

 - 海水魚