ソフトコーラルがライブロックに活着しない問題!ソフトコーラル針で固定作戦!!失敗であります!!

   

 

どうも!

アクアリウム野郎です。

 

今回は前回記事の続編です!

ソフトコーラルがライブロックに活着しない問題!固定はどうするか?

 

前回の記事でご紹介しました、針でソフトコーラル固定作戦は見事に失敗しました!




ソフトコーラル針で固定作戦!!失敗であります!!

 

ご覧ください。

今朝水槽を見たらこの有様ですよ!

見事に底砂の上に2つとも転がっていますね( ˘•ω•˘ )

 

 

ソフトコーラル針で固定作戦!!失敗であります!!

 

 

前回記事にひろ様という方から、ありがたいコメントをいただきました。

こんにちは。
トサカの活着に苦労されてますね。
我が家も紹介にあった方法いずれも経験してますがうまくいきませんでした。
コーラルフィックスはアクア用と銘打ってるだけでただの瞬間接着剤です。他のグルーと変わらないうえにそこそこ容量あるのに口が固まって詰まってダメになります。
爪楊枝も時間と共にトサカが楊枝をすり抜けるように足元が溶けて(?)きて気づいたらポロリと落ちます。
我が家でうまくいった方法は、最初はあえて底砂に転がしておく(挿しておく)方法です。するとじきに断面に砂が活着してきますので、活着した砂と土台とをグルー(100均のゼリー状瞬間接着剤でOK)で接着します。この方法だとほぼ確実に接着できます。我が家はこの方法で株分けしてます。
問題は転がしておいたトサカが弱って☆にならないか…小さくカットしすぎたものでなければ失敗(溶けた)ことはありませんね。

 

 

ひろ様のおっしゃる通りやでーー!!

 

マジでコメントの通り、針で刺している部分がさけるような感じでコーラルの根元が溶けて?裂けて?

スルッと落ちてました(笑)

 

針で固定する作戦はダメですね!

ひろ様のコメントを参考にすると、これからソフトコーラルの活着を目指すのであれば『接着剤作戦』『針で刺して固定作戦』はやめておいた方がいいでしょうね( ˘•ω•˘ )




ソフトコーラルを固定したかったら!まずは底砂に刺しておけ!

 

何回も失敗したくなかったらおとなしく

ひろ様の言う通りにしましょう。(笑)

 

おそらくこれが一番良い方法なのでしょう。

 

いただいたコメントを抜粋しますと

  1. 底砂に刺してしばらく放置する
  2. 底砂にソフトコーラルが活着する
  3. ソフトコーラルが底砂に活着すれば接着剤でライブロック等にくっつけることが可能!!

 

というわけですな!

さっそく底砂に差しておくことにします。

 

ちょっとわかりにくいかもしれませんが一応底砂に刺しています。





小さい方のカワラフサトサカは小さすぎて底砂に刺さらないので、水流が少なそうな水槽の隅の方に転がしています(笑)


(上の写真と同じですがこのまま放置です)

少し大きくなって底砂に刺せるようになったら刺したいと思います。

 

まとめ

前回の記事をタイムリーで参考にされた方がもしいたとすれば申し訳ありません。

私は前回の針を刺して固定する方法では見事に失敗してしまいました(;・∀・)(笑)

 

まぁソフトコーラルを針で固定する作戦は、株分けする際などにも有名な方法ではあるので、うちの水槽のコンディションが悪かったのが原因ということも考えられます。

 

しかし、今回の結果を考えると私は針で固定する作戦はオススメしません。

針でソフトコーラルを傷つけるので、元々のサンゴの状態によってはそのまま溶けてしまうといったリスクもありますし、やはり失敗する確率が高そうな気がします。

 

なので、これからソフトコーラルの固定について考えている方は

底砂にしばらくコーラルを刺しておく作戦

で固定させる方法をおススメします

 

この方法もまだ実施途中ですので、成功したらまた成功報告の記事を書きたいと思います!

 

今回は以上です。

次回も宜しくお願いします。

ではではではー。

 

PS

ひろ様

いただいたコメントを使わせていただきました。

ありがとうございました。



The following two tabs change content below.

doaqua

マリンアクアリウムを始めました。 これから始める方の参考になれば幸いです。 アクアリウム関連の記事だけでなく、実験系の記事も書いていこうと思っています。宜しくお願いします。

 - サンゴ, 飼育いろいろ