レッドビーシュリンプ水槽に足しソイル!これで水槽の調子も復活!

   

 

どうも!

レッドビーシュリンプ愛好家のアクアリウム野郎です!

 

最近レッドビーシュリンプ水槽の調子がなんとなく悪い感じがしていたので、巷で噂の足しソイルというのを試してみました。

 

今回はその足しソイルという行為についてご紹介します。



足しソイルとは?

足しソイルとはなんなのか?

足しソイルとは言葉そのままの行為なのですが、水槽に新しいソイルを足すことです。

 

足しソイルを行う目的としては主に2つ考えられます。

 

目的①、水草を育てている水槽で、水草が必要とする栄養を補給する目的。

一つ目は水草水槽です。

水草水槽の底砂はソイルを使用するのが一般的です。

水草も多くの種類は陸上の草と同じく、土(水槽内のソイル)に根を張って、根から栄養を吸収して育ちます。

その為、水草を中心に水槽を立ち上げた場合は、水草にとって栄養があるソイルを選ぶことが多いです。

 

プロジェクトソイル 水草用
icon

(画像クリックでチャーム販売ページヘ)
icon
始めは水草にとっての栄養がたっぷりあるソイルですが、いつまでも栄養を水草に供給できるわけではありません。

ソイルが持つ栄養は水草に吸収されていき、どんどん少なくなってきて、水草が栄養不足になりはじめるのです。

 

そんな時に!

新品の栄養のあるソイルを足すことによって、水草へ栄養を補給する。

というのが一つあります。

水草に栄養を補給する方法は足しソイルの他にも、水草の栄養剤を添加したりする方法もあります。

 

(水草)Plants Fine Basic 400ml(水草の栄養液)

icon
icon(画像クリックでチャーム販売ページヘ)

 

 

目的②、吸着系ソイルの効果を維持する為

icon
icon

こちらが、今回の記事の足しソイルの目的となります。

吸着系ソイルの効果、能力を維持する為に行う足しソイルです。




シュリンプ水槽によく用いられる、吸着系ソイルというソイルですが、こちらは水質を安定させたり、生体にとってあまり好ましくない成分を吸収してくれたりする能力が高いソイルのことです。

その為、水質にデリケートなシュリンプ水槽で使用されることが多いというわけです。

 

以前から紹介しているシラクラさんのレッドビーサンド(私も愛用しています)も吸着系ソイルです。

 

こちらの吸着系ソイルですが、やはり長期間使用していると、水質調整機能も悪い成分を吸収する機能も弱まってきてしまいます。

そこで、新品の吸着系ソイルを足すことによって、これらの機能を復活、維持しようという目的で足しソイルが行われます。

 

 

レッドビーシュリンプ水槽に足しソイルをしてみよう!

というわけで、最近なんだか元気がなさそうなレッドビーシュリンプの為に、レッドビーシュリンプ水槽に足しソイルをしてみます。

使うのはこちら!

立ち上げで使用した際に余ったレッドビーサンドです。

 

8キロ購入したんですけど、30㎝キューブ水槽では、約半分くらいしか使いませんでした(;・∀・)

 

ので、水槽のリセット用として残しておいたものです。

ちなみにソイルの厚さはこのくらいです。

 

結構厚めに敷いています。

シラクラシュリンプマニュアル通りですね。底面フィルターの効果と吸着系ソイル(レッドビーサンド)の効果を最大限発揮させる為にはこのくらい厚敷きがいいのです。

 

今回の足しソイルでは、ソイルの厚さが全体的にプラス5ミリくらいになるように足しました。

量としてはそこまで多くは足していません。

 

水槽の上からソイルをジャーとただ足してしまうと水槽が濁ってしまいますので、ジャーっと足すのはやめましょう。

足しソイルのやり方としては

  1. 拳にソイルを握りしめて、そのまま拳を底まで沈めます。
  2. そして水槽の底の方で、拳をそっと開いて、ソイルが舞わないようにそっとソイルを底砂に足していきます。
  3. 1回で足せる量が拳に入るだけの量なので、数回同じ作業を繰り返します。

以上です。めっちゃ簡単です。

 

さて、どうなるか・・・



レッドビーシュリンプ水槽に足しソイルをした結果

足しソイルをした結果ですが、効果はすぐに感じられました!

 

というのも、水の輝きですね!足しソイルをしてしばらくすると水の透明感が明らかに上がりました。

それこそ立ち上げ当初の水槽のような水の輝きが戻りました!

 

長期間飼育していると、水槽の掃除をしても、水替えをしてもなんとなーく水がくすんでいるようなそんあ感覚ありませんか?

あの感じが水の透明度が増してすっきりした!という印象です。

 

足しソイルをしたことによって水槽の印象もちょい復活しました。

 

エビたちの様子は






うん、こちらもなんだか調子が戻ってきたような感じです。

エビたちの変化はすぐではありませんでしたが、2日もすればなんだか元気になったような印象でした。

 

ちなみにレッドビーシュリンプの調子の私的な判断基準は

  1. 水槽内をある程度動きまわっているか?(じっとしているのは調子悪い)
  2. 元気よくツマツマしているか?(手があまり動いていない時は調子悪い)

基本的にはこの二つです。

どちらも足しソイルをしたことによって活発になりました。

 

まとめ

はじめて足しソイルをやってみましたが、クセになりそうです!(笑)

 

というのも、

  1. 超お手軽、簡単にできる!
  2. 目に見えて水が輝きを取り戻す
  3. レッドビーシュリンプの調子が上がる!

と三拍子揃っちゃってるんですよね!

 

こんなに都合の良いメンテナンスがあっていいのでしょうか!?

 

という感じです。

まず、すごく簡単にできるというのがいいですね。

なんせソイルを足すだけですから。レイアウトやなんかを(私はそもそもレイアウトしてないですけど(笑))動かす必要もないです。

ソイルを拳に握りしめて水槽の底まで沈めて、ソイルが舞わないようにそっと拳をひらいてソイルを足す作業を数回繰り返すだけです。

 

最近レッドビーシュリンプの調子が悪くなったんだよなー

という方は是非『足しソイル』試してみてはいかがでしょうか!?

 

うちの水槽は調子が上がり、稚エビもすくすく成長しております。

 

それでは今回は以上となります。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

次回も宜しくお願いします。

ではではではー

 

足しソイルにはレッドビーサンドがおすすめですよ!
icon
icon(画像クリックでチャーム販売ページヘ)



The following two tabs change content below.

doaqua

マリンアクアリウムを始めました。 これから始める方の参考になれば幸いです。 アクアリウム関連の記事だけでなく、実験系の記事も書いていこうと思っています。宜しくお願いします。

 - レッドビーシュリンプ