熱帯魚店

PD熱帯魚センターにいってみましたので、感想をば、、、

私お休みでしたので、ピーデー熱帯魚センターに行ってきましたぜっ。

ピーデー熱帯魚センターとはとは、東京の武蔵村山にある大型熱帯魚屋さんです。

この熱帯魚屋さんは、お店の面積がかなり広くてですね、売っているものは、海水魚、サンゴ、淡水魚、水草、水槽用品、ADAブランドの商品、爬虫類、鳥(インコなど)、小動物(ハムスターなど)などなど幅広く品ぞろえのあるお店なのです。

 

私も過去に熱帯魚と水草を物色しに2~3回いったことはあったのですが、今回はせっかく海水水槽をはじめたので、海水魚、サンゴをメインに見に行ってみました。



海水魚の品揃えが・・・

まず思ったのが、海水魚の品揃えが・・・ということです。

うーん、15種類くらいでしょうか、それぐらいしかいませんでした。

 

 

それぞれの在庫数もあまりなくて残念な感じでした。

カクレクマノミも5匹くらいしかいなく、ナンヨウハギも大きめ1匹と小さめ1匹の計2匹。

大きめのナンヨウハギ1匹9800円でした。

 

熱帯魚屋さんのメリットって、個体差のある魚の柄が選べるってところもあると思うんですけど、個体数が少ないとそれは難しいですね・・・

 

やはり私みたいにネットショップで買う人が増えているのでしょうか、売れなければ当然在庫も持てませんしね。なかなか熱帯魚屋さんには厳しい時代なのかもしれません。

 

ネットショップ最大手チャームはこちら
チャーム本店
5,000円以上購入で送料が無料になります。

 

海水魚には力をいれてない?

海水コーナーには力入れてないんですかね?という印象です。

 

ついでなので、淡水魚と水草なんかも見ましたが、やっぱこっちの方は品ぞろえもある程度揃ってるし、海水コーナーとの差を感じました。

しかも淡水のコーナーにはキレイな水草水槽も展示してありました。

淡水、水草目的で行くのは良いと感じました。

 

まとめ

久しぶりにピーデー熱帯魚センターに行きましたが、海水水槽関連にはあまり期待できないかもしれません。

いままでは淡水のコーナーしか真剣に見てなかったので、気が付かなかったのでしょうがピーデー熱帯魚センターにはもう海水水槽関連の物色をしに行くことはないかなーという感じです。

それでも水草、淡水の熱帯魚は品揃えがあるし水槽も展示してあるので、そっちを見に行く価値はあると思います。

2階には流木、レイアウト用の石などもいっぱい売ってますしね(*'▽')

その他、ヘビとか、トカゲとか、古代魚も販売してますので、その辺をいろいろ見に行くのは楽しいかもしれませんね。

ピーデー熱帯魚センターホームページはこちら




The following two tabs change content below.
マリンアクアリウムを始めました。 これから始める方の参考になれば幸いです。 アクアリウム関連の記事だけでなく、実験系の記事も書いていこうと思っています。宜しくお願いします。

-熱帯魚店

© 2024 アクアリウム野郎